図書と珈琲 眺花亭

アクセスカウンタ

zoom RSS 眺花亭たより(3月号)

<<   作成日時 : 2017/03/01 17:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「一月は行く」「二月は逃げる」とかいうそうです。新年を迎えてバタバタし、豆をまいて確定申告をなんとか済ませたと思ったらもう三月。日数が少ないとせわしないですな。自宅近所の公園では、アンズ、梅、河津桜と次々に咲き、春がそこまで来ているのを感じます。1日には「深川七福神」のガイドがあり、12日は小名木川防災リバーツアー
で船に乗ります。孫たちと温泉スキーに行く話しもあり、「三月は去る」になりそうです。

新コースになった「東京マラソン」の様子をみるため、中間地点の富岡八幡宮前へ行ってきました。参加者数約36000人はスゴイ数です。色とりどりのランニングウェアを着たランナーが次々に折り返して行きます。映画『相棒 -劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン』のシーンを想い出してしまいました。杉下右京と亀山はどこ
にいる!11時過ぎに葵太鼓が打ち鳴らされ、宮本の神輿2基が大鳥居前に出てきてもむと興奮は頂点に。8月の本祭りが待ち遠しい。

戦前の「モダン東京」が気になり、当時の写真集や東京ガイドブックを古書即売会や古書店をのぞいて探しています。先月の古書即売会で見つけたのが『東京遊覧』(右から書いてあります)です。書籍ではなく東京乗合自動車株式会社が昭和4年に発行している営業案内、いわゆる紙物。ネットで調べると「はとバス」のような東京の遊覧バスで昭和2年から15年まで運行していたようです。料金は8時間の遊覧で3円50銭。当時は中華そば1杯が10銭ぐらいだから、けっこう高いかも。上野駅近くから発車し、宮城、靖国神社、明治神宮、乃木神社、泉岳寺、愛宕山、日比谷公園、日本銀行、三越、被服廠跡、浅草観音と下車見物します。いかにも戦前テーストですネ。でも浅草につてのコメントでは、「各種の民衆的娯楽場(活動写真、芝居、見世物等)は浅草公園内に大小約五六十の沢山のものが密集して居ります・・・・・」なんかワクワクします。

@ 豊子師匠には良いお弟子さんがいます
「玉川奈々福・沢村さくら 曲師の会 東京編」
沢村豊子師匠の弟子・さくらが大阪で開催して大人気の「曲師の会」の東京編。奈々福を相方に、浪曲における三味線の妙について解説実演。浪曲は大阪の伸び盛り若手浪曲師真山隼人と奈々福が一席ずつ、いずれも曲師はさくらです。
出演:沢村さくら(曲師)、玉川奈々福(浪曲師)、真山隼人(浪曲師)
日時:3月4日(土) 14時開演
場所:新宿2丁目・道楽亭
http://dourakute.blog55.fc2.com/blog-entry-285.html

A 春になったらエンヤコラセ〜
「春だ!生音頭で河内音頭を踊ろう」
一昨年の12月からスタートした東京錦糸町での河内音頭スクールの生徒さんが河内音頭発表会を開催。今年の錦糸町河内音頭に向けて、踊りの練習会も兼ねています。
出演:よみうりカルチャー錦糸町「河内音頭を唄おう」スクール生
伴奏:太鼓・山中一平、ギター・いちばけい
日時:3月19日(日) 19時開演
場所:両国楽園部屋
https://www.iyakorase.com/

B ♪ラメチャンタラギッチョンチョンデ
「第86回 岡大介カンカラ“月一”浅草ライブ! 〜7周年記念演芸会!〜」
カンカラ三線で添田唖蝉坊から伝わる「演歌」を唄い続けて早7年。盟友ボードビリアン・バロンも馳せ参じ寿ぎます。
出演:岡大介(歌、カンカラ三線、ギター)
ゲスト:仙若(江戸太神楽)、バロン(ボードビル)
日時:3月5日(日) 15時開演
場所:浅草・アミューズミュージアム
http://blog.livedoor.jp/kankarasanshin/

C 今回は何をしでかしてくれるのかな
「なってる寄席 入谷でメルシー 2♪」
近頃ヨーロッパでも大活躍のアコーディオン弾き語りの遠峰あこと、師匠ともいうべき「歌うスタンドアップコメディ」寒空はだかとの二人会です。
出演:寒空はだか(スタンダップコメディ)、遠峰あこ(アコーディオンと唄)
日時:3月11日(土) 14時30分開演
場所:合羽橋・なってるハウス
http://www.maroon.dti.ne.jp/knuttelhouse/frame.html

D 東京の城北と城南出身の二人がどうからむ
「ふたリッパー」 
足立区のぬけさく芸と大田区の創作芸が浅草で火花をちらす!心あたたまるおはなしからシュールなコントまでなかみはお楽しみ。
出演:金子ざん(ぬけさく芸)、ダメじゃん小出(スタンダップコメディ)
日時:3月9日(木)、10日(金) 19時開演
場所:あさくさ劇亭
http://koideiinoda.jp/custom.html

E こちらも至福の二人会です
「ナオユキ×ラブリー恩田 春が来た!」
独特なつぶやき芸のナオユキとアキレス腱断裂から復帰して脱力度が増したラブリー恩田がアヤシゲな春を呼びます。
出演:ナオユキ(スタンダップコメディ)、ラブリー恩田(クラウン)
日時:3月14日(火) 19時開演
場所:新宿2丁目・道楽亭
http://dourakute.blog55.fc2.com/blog-entry-285.html

F ストリップ誕生&東洋興業創業70周年特別企画
「裸と笑いの殿堂・フランス座を語る会」
大衆芸能史研究家である西条昇とストリップを25年間撮り続けてきた写真家谷口雅彦の企画により、伴淳三郎、八波むと志、佐山俊二、渥美清、長門勇、三波伸介、東八郎、コント55号、ツービートなどを生んだ〈ストリップ界の東大〉フランス座出身の踊り子・女優・コメディアンのOG・OBが浅草フランス座演芸場=東洋館に結集しフランス座の思い出を語り尽くします。19年ぶりにフランス座の舞台に立つ浅草駒太夫の至芸「花魁ショー」もあるとか。
日時:3月18日(土)  開演19時
場所:浅草・東洋館
http://open.mixi.jp/user/527256/diary/1958826773

G 粋な世界へごあんな〜い
「第13回下町芸能大学 悠玄亭玉八独演会・幇間大全」
いまや絶滅危惧芸の幇間芸と、料亭へ出向かなければ殆ど観ることの無い粋な踊にふれる貴重な機会です。
第1部 幇間芸百般     悠玄亭玉八
     <おたのしみ舞踊>   花柳佐郁
第2部 文学幇間名場面   悠玄亭玉八
出演:悠玄亭玉八(幇間)、花柳佐郁
日時:3月24日(金) 開演18時
場所:浅草・東洋館
http://www.asakusatoyokan.com/night/?p=4

H 「和船と船大工」を遺し、価値ある水辺をつくる
「佐野造船所物語」
佐野造船所は、江東区を基盤に江戸時代から続く和船づくりを中心とする造船所で、和船の高度な木工技術を活かし時代ごとの要請に応える舟づくりを継続しています。「佐野造船所物語」ではそんな造船所の歴史とその周辺地域の変遷などについて法政大学デザイン工学部建築学科の学生がまとめた研究概要をパネルや模型等で展示します。3月9日(木)には、今回の研究テーマとなった佐野造船所・佐野社長や陣内法政大学教授によるシンポジウムが開催されます。
日時:2月13日(月)〜3月17日(金)
場所:東陽町駅・竹中工務店東京本店1階ロビー
http://www.takenaka.co.jp/event/2017/02/01/index.html

I 懐かしい戦後の東京の町がよみがえります
月曜シネサロン&トーク「首都・東京の90年 第3回 戦後復興」
関東大震災から約90年にわたる「東京」の変貌の姿をとらえるシリーズの3回目。
『新東京めぐり』(1950年、21分/白黒)
『新日本地理映画体系 大都会の生活 ―東京― 』(1957年、20分/白黒)
『東京の新しい街 第一部 』(1965年、15分/カラー)
『東京の新しい街 第二部』(1969年、26分/カラー)
3月3日までにメールで申込み要
監修・解説:田中 傑(東京大学大学院工学系研究科客員研究員)
日時:3月6日(月) 15時/19時開演
場所:有楽町・東京国際フォーラム ホールD1
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/82528

J 塔の森クロニクル
「新宿の高層ビル群ができるまで」
西新宿は「新宿副都心計画」という戦後の都市計画事業によって造られた業務エリアです。今回の展示では《視覚的・立体的に体感できる西新宿ビル群の年代記》というコンセプトに基づき、各ブースに高層ビル群の建築過程を記録した貴重な映像や、構造物のユニークな模型等を配しています。新宿駅模型が興味深い。
日時:3月5日(日)〜5月5日(日)
場所:新宿歴史博物館 地下1階企画展示室
http://www.regasu-shinjuku.or.jp/rekihaku/0221/93730/

K 清澄白河のまちが丸ごと美術館に
「MOTサテライト 往来往来」
現在改修工事のため休館中の東京都現代美術館が、清澄白河のまちのあちこちであれこれ展開します。主な展示は、工場跡地や地域拠点を活用した7ヶ所の「MOTスペース」で観ることができます。また、コーヒー・ロースタリーやカフェ、商店街に点在する「MOTスポット」の小さな展示を、まち歩きしながら楽しめます。
日時:2月11日(土)祝〜3月20日(月)祝
場所:清澄白河駅周辺エリア
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/mot-satellite-1.html

L 玉石混淆!? 秘宝発見!
「新東宝のディープな世界」
新東宝といえば『西鶴一代女』などの文芸作品もありますが、大蔵貢が社長になった以降のエログロ路線が気になります。小学生の頃テレビで上映し、前田通子にドキドキしながら観た『海女』シリーズ。今回は『海女の化物屋敷』が登場。ジェリー藤尾の歌う主題歌がヒットした『地平線がぎらぎらっ』もお見逃しなく。
日時:2月25日(土)〜3月17日(金)
場所:シネマヴェーラ渋谷
http://www.cinemavera.com/programs.php

------------------------------------
眺花亭ナイト「ドボクに萌え〜 第2弾」 3月24日(金) 19時〜21時
以前上映した『軍艦島』が好評だったので味をしめて、炭坑跡や造船所跡が出てくる『産業遺産』そして、工場夜景が楽しめる『工場幻想曲2』のDVDを上映します。先着予約10名限定です、上映までに入館してください。コーヒーはお出ししますが、好きな飲み物、食べ物は各自持参願います。
-------------------------------------

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
眺花亭たより(3月号) 図書と珈琲 眺花亭/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる