図書と珈琲 眺花亭

アクセスカウンタ

zoom RSS 眺花亭たより(2月号)

<<   作成日時 : 2016/02/01 10:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

寒いです。暖冬はどこに行ったのでしょうか。
木場公園では梅が咲き始めて、もう豆まきですね。スーパーもコンビニも恵方巻の宣伝だらけ。今年の恵方は南南東だとか。10年以上前、明石に単身赴任している時、節分の日の夕飯を寮の食堂へ食べに行ったらお皿に恵方巻がドンとのっていました。これが噂のアレかと恵方を向いて黙って食べましたが、太巻き寿司一本の丸かぶりはきつかった。関東でも食べるようになるとは。

1月25日に亀戸天神へ出かけて初めて「うそ替え」をやってきました。月曜日なのでそれほど待たずにお参りできましたが、24日は数時間待ちだったとか。幸運を招くという神職手作りの木彫りうそ鳥は、いくつかの大きさがあり小さいもので500円から大きいものだと7000円もします。分相応に1000円のを購入。8cmほどの大きさでカワイイのでわが家の玄関ギャラリーに飾ってあります。この日は「初天神」だったけれど、飴屋、団子屋も凧屋も店を出していませんでした。(何のことか分からない人は落語辞典を調べてね)

「江東シネマフェスティバル」がおかげさまで無事に終わりました。来ていただいた方、ありがとうございます。『イースター・パレード』の入場者数は日曜日の朝10時過ぎの上映にもかかわらず70人ほどで、推薦人の顔が立ちました。やっぱり大画面で観るとミュージカル映画は楽しいです。フレッド・アステアとジュディ・ガーランドの踊りにウッ
トリでした。

映画といえば、ラピュタ阿佐ヶ谷の特集「東京映画地図」で上映された『喜劇駅前女将』を観てきました。昭和39年製作で両国や錦糸町が舞台になっているので懐かしい風景に出会えるかと阿佐ヶ谷へ。残念ながら期待したほど現地ロケをしていません。それでもタイトルバックで隅田川に桟橋を出した柳橋の料亭風景が映りうれしかったです。それと国電総武線の鉄橋近くにあった水上バスの船着場が出てきたのには驚いた。すっかり忘れていました。古い東京映画を観る楽しさ、ここにあり。

@ 今年も肩の力を抜いて行きましょう
「ラブリー恩田 あそびないと第6回 ナオユキさんとガップリの巻」
最近落語にはまっていると噂のナオユキをゲストに迎えて、脱力系芸人のラブリー恩田はどんなネタを観せてくれるかな。
出演:ラブリー恩田(クラウン)、ナオユキ(スタンダップコメディ)
日時:2月9日(火) 19時30分開演
場所:新宿三丁目・道楽亭
http://dourakute.blog55.fc2.com/blog-entry-225.html

A 最強ファミリーの夜は濃いです
中ムラサトコ×まほろ座 presents 「血縁キャバレー」
酒と宴会をこよなく愛する「中澤家」に産まれた者この3人。酒の充てに幼少の頃より芸を厳しく仕込まれたその結果がこれ「血縁キャバレー」として、この夜、まほろ座で花開きます。歌って踊って笑って、ジャクソンファミリーもびっくりのキャバレーショーをお楽しみ下さい。
出演:中ムラサトコ(ボイスパフォーマー、長女)
    バロン(ボードビリアン、長男)
    ライス ザ フロッグママ(バーレスクパフォーマー、三女)
ゲスト:工藤精(ウッドベーシスト)
日時:2月10日(水) 19時30分開演
場所:町田・まほろ座
http://www.mahoroza.jp/#!160210/c1qh4

B テレビにあきた大人のための刺激的な笑いをどうぞ
「ぜん!コラ!のスタンダップの世界 in 東京」
〜リアル語り de なにわ(節)Bushi!〜
関西出身のスタンダップコメディアン二人がお互いひとりづつ、タブーなテーマでリアルなドキュメンタリー語りをし、最後はグッと来るトークで人情噺のライブです。
出演:ぜんじろう、コラアゲンはいごうまん
日時:2月19日(金) 19時開演
場所:経堂・さばのゆ
http://sabanoyu.oyucafe.net/1159.html

C 高円寺の町が寄席に早変わり!
「第6回高円寺演芸まつり」
落語、漫才、漫談、講談、太神楽、音曲等々、今年も高円寺の町のあちこちで演芸が楽しめます。
2月5日(金)〜14日(日)、全45会場、出演者120名
http://hanashi.jp/archives/29815

オススメは
「イロモノ酒場」
唄うボードビリアンと脱力系芸人がタッグを組み、笑って聴かせます。
出演:バロン(ボードビリアン)、ラブリー恩田(クラウン)
日時:2月14日(日) 18時30分開演
場所:高円寺・コネクシオン
http://www.baronbaronbaron.com/blog/schedule/

「柳家小春たぬきを唄う会」
江戸粋曲の柳家小春が、浮世節の名人立花家橘之助の「たぬき」を中心とした演目で、皆さまのご機嫌を伺います。
出演:柳家小春(三味線と唄)、とりお・ぺんぺんず(前座)
日時:2月10日(水) 19時30分開演
場所:高円寺・GALLERY工+with
http://koharuya.exblog.jp/24001096/

D いま聞いてみたいこの人の話
稲田和浩の時間「こんな夜は浪曲の話をしよう」
浪曲の台本も書く稲田和浩が浪曲について語ります。国本武春も大西信行もいなくなり、浪曲界はどうなるのだろう。
出演:稲田和浩(演芸作家、評論家)
日時:2月25日(木) 19時開演
場所:神保町・らくごカフェ
http://inacolle.wix.com/tanuki#!about-1/cp8

E 浪曲の曲師にスポットを当てたイベント
「沢村豊子・さくら 曲師の親子会」
浪曲になくてはならない曲師。三味線一丁で情景を描き出し、節を盛り上げます。関東の名手、沢村豊子が華麗な撥さばきを魅せれば、弟子のさくらが関西節を聴かせます。
出演: 曲師 沢村豊子、沢村さくら
浪曲 京山小圓嬢、東家浦太郎、玉川奈々福、五月一秀
日時:2月27日(土) 13時開演
場所:浅草・木馬亭
https://twitter.com/yayoi120/status/688923465416495104

F お囃子ワールドにご案内
シアターΧ カバレット ろびぃ寄席「囃して節分 福は内!」
和楽器のアンサンブルと日本の声による日本古来の音楽『囃子はやし』をお楽しみください。
演目:三番叟
四季おりおり〜歌舞伎音楽による邦楽メドレー〜
歌舞伎のせりふと音楽体験
節分スペシャル!音語り まめまめものがたり
出演:望月太左衛(歌舞伎囃子望月流)
日時:2月3日(水)  開演18時 
場所:両国・シアターΧ
http://www.theaterx.jp/16/160203-160203p.php

G 民謡ニューウェーブに注目
春節のかりゆし2016「Tokyo春節お祝ひ祭」
ソーラン節で紅白歌合戦から地方のお祭りまで血の通った活動を続ける民謡歌手・伊藤多喜雄、東北地方を中心とした日本のお祭り音楽と世界中のポップスを掛け合わせた未来型お祭りロックバンド、アラゲホンジの注目の対バン。
出演:伊藤多喜雄、アラゲホンジ
日時:2月4(木) 19時開演
場所:青山・月見ル君想フ
http://www.moonromantic.com/?p=28351

H たまにはSP盤でジャズはいかが
「ほのぼのSP講座」特集川畑文子
昔のSP音源(歌謡曲)をいい音で紹介してくれるのがSP講座です。解説はSP盤復刻の第一人者、郡修彦。特集は待望のジャズソング川畑文子です。
講師:郡修彦、聞き手:アゲイン店主
日時:2月7(日) 13時30分開演 
場所:武蔵小山・Live Café Again
http://www.cafe-again.co.jp/sche_next.html

I 地元を知ろう
講演会「本所・深川の開発と大江戸」
現在開催中の「隅田川をめぐる文化と産業 〜浮世絵と写真でみる江戸・東京〜」展の関連講演会。参加費無料(ただし入館料は必要)
講師:斉藤照徳(江東区文化財専門委員)
日時:2月21日(日) 14時開講 
場所:押上・たばこと塩の博物館 3階視聴覚ホール
http://www.jti.co.jp/Culture/museum/exhibition/2016/1601jan/index.html

J 戦前の銀座の街並みがよみがえる
「日本近代建築の父アントニン・レーモンドを知っていますか−銀座の街並み・祈り」展
1933年に竣工し、その後戦災をのがれ現在まで銀座の書店として親しまれている教文館ビルはアントニン・レーモンドの設計によるものです。この展覧会ではキリスト教施設と銀座界隈の建築作品をとおし、レーモンドの建築
理念と思想を探ります。都立大崎高等学校ペーパージオラマ部製作のビル完成当時のジオラマを展示。
日時:1月22日(金)〜3月10日(木) 11時〜19時
場所:銀座・教文館ビル9階 ウエンライトホール
http://www.kyobunkwan.co.jp/raymond/

K 必見!東京の地下鉄路線を3次元模型で表現
「東京の鉄道史 −鉄道が築いた都市、東京−」
東京は鉄道の発達とともに都市の基盤を築き、発展を遂げてきました。本展示では、こうした東京の発展と鉄道との関わりを所蔵の図書、地図、雑誌等の資料やパネルで紹介します。あわせて、インターネット上でも話題になった、東京の地下鉄を色水が流れる管で再現した3次元模型
「東京動脈」も展示します。
日時:1月30日(土)〜3月21日(月)祝 10時〜17時30分
場所:広尾・東京都立中央図書館 企画展示室(4階)
http://trafficnews.jp/post/48099/

L 〽芸のためなら〜
「芸に生きる −映画を彩る芸能・芸術−」
芸道ものなど、芸能や芸術を題材にした映画の特集。『大阪の女』では芦乃家雁玉・林田十郎など大阪の懐かしい芸人を観ることができます。『ガス人間第一号』は異質ですが、日本舞踊の世界が舞台になっているということで上映されるみたいです。
日時:2月21日(日)〜4月9日(土)
場所:ラピュタ阿佐ヶ谷
http://www.laputa-jp.com/laputa/program/geiniikiru/

-------------------------------------------
眺花亭ナイト「鉄ちゃん、集まれ!part2」開催  2月19日(金)19時〜21時
閉館10年、交通博物館を偲んで『さようなら交通博物館』のDVDを上映します。旧万世橋駅遺構や戦前東京駅高架下にあった鉄道博物館の貴重な映像が登場。先着予約10名限定です、上映までに入館してください。コーヒーはお出ししますが、好きな飲み物、食べ物は各自持参願います。
-------------------------------------------

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
眺花亭たより(2月号) 図書と珈琲 眺花亭/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる