図書と珈琲 眺花亭

アクセスカウンタ

zoom RSS 眺花亭たより(9月号)

<<   作成日時 : 2015/09/01 11:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

暑い、アツイと言っていたのが、ウソのようですな。錦糸町河内音頭は例年汗まみれで踊るのですが、今年はあまり汗をかきませんでした。それども打ち上げの生ビールは美味しく、行く夏に乾杯です。

8月10日から大阪、京都をまわってきました。前週京都では気温39℃とかで、暑い夏に慣れている京都人もふうふう言ってましたネ。今回の京都下鴨神社「納涼古本まつり」ではあまり戦果が挙がらず意気消沈です。1960年代の大阪写真集『猪飼野』、大阪の闇市地図が付いているドキュメント『大阪・焼跡闇市』くらい。その代わりなんばの新刊本書店・波屋書房で『てんのじ村の芸人さん』を発見。大阪のマイナーな古い芸人さんが多数載っている
写真集が2001年に出ていたとは。三人奴、一輪亭花咲、芙蓉軒愛花・・・。生の舞台を観たかった。

阪神梅田本店の「中古&廃盤 レコード・CDセール」では、京山幸枝若の河内音頭、江州音頭のローオン盤を2枚と『江戸吉原の遊芸』を購入。吉原芸妓連中が吉原木遣り、ずぼらん、サイサイ節など演奏しています。まさか大阪で江戸モノに遇えるなんて。

イベント案内で紹介していますが、今月は池袋で「ヤミ市」関連のイベントがいろいろあります。シンポジウムに出席のマイク・モラスキーが編んだ短編集『闇市』(皓星社)が出版されました。太宰治、永井荷風、野坂昭如らの「闇市」をめぐる文学作品を収録した初めてのアンソロジーです。イベントに興味ある方はこちらもどうぞ。

@ イスラエル発オリエンタル・サーフ・ロック・バンド登場
「BOOM PAM ONE-MAN SHOW 2015」
ザ・ヴェンチャーズ直系のサーフィン・ギターとベースの代わりにチューバ、さらにドラムス&キーボードという編成で、中東ベリーダンス音楽から、エキゾティックなギリシャ歌謡、マカロニ・ウェスタン、バルカンのジプシーブラス、イスラエル歌謡まで取り上げる。
出演:BOOM PAM / never young beach / DJ Tommy Returntables
日時:9月3日(木) 19時30開演  
場所:青山・月見ル君想フ
http://www.moonromantic.com/?p=25930

A 新宿カウンターカルチャーストーリー<特別編>
講演「フォーク大集会」
日本のフォークソングを黎明期から現在まで、フォークソングの生き字引「なぎら健壱」を講師に迎え、たっぷりと私的にレクチャーします。エントランスでは伝説のフォーク歌手「高田渡写真展」もあり。
出演:なぎら健壱(フォーク歌手)
日時:9月12日(土) 16時開演
場所:新宿文化センター 小ホール
http://www.regasu-shinjuku.or.jp/bunka-center/shusai/2094/

B パリ帰りのあこが大人の夜をあなたに
「遠峰あこ ぷれみあむナイトV」
今年もしっとり大人の雰囲気で1部ソロ、2部は趣向をこらしピアノ演奏Makoによる音楽劇をお届けします。眺花亭も協賛していますので是非ご来場ください。
出演:遠峰あこ(唄うアコーディオン弾き)、Mako(ピアノ)
日時:9月19日(土) 14時/18時30分開演
20日(日) 14時開演
場所:あさくさ劇亭
https://sites.google.com/site/asageki/

C モントリオール帰りのBARONは何を見せてくれるかな
「BARON VAUDEVILLE ON THE ROCKS 東京凱旋公演」
カナダ・モントリオール、フリンジフェスティバルでのソロ演目「BARONVAUDEVILLE ON THE ROCKS 」約50分+スペシャルLIVE。
出演:BARON(ボードビリアン)
日時:9月4日(金)、12日(土) 19時開演 
場所:あさくさ劇亭
https://sites.google.com/site/asageki/

D 実行委員長・柳家喬太郎も張り切っています
「落語協会 謝楽祭2015」
谷中・全生庵から場所を移しての落語協会ファン感謝デーの第一回が開催。「芸人屋台」や「福扇」、噺家バンドに住吉踊りとお楽しみが盛りだくさんです。清澄庭園近くに住む春風亭正朝師匠は雑貨屋台「清澄亭」を開くとか。
日時:9月6日(日)  10時〜16時 
場所:湯島天神
http://rakugo-kyokai.jp/activity/

E 絶滅危惧芸の音曲漫才を観れる貴重な機会です
「オジョウサンズ」道楽亭参上!
女道楽の内海英華、落語家の桂あやめ、物真似芸人のめぐまりこの三人で結成した上方音曲漫才「オジョウサンズ」が大暴れ。前半はそれぞれの本芸がお楽しみ。「上方女芸人秋まつり」として他にも「上方女芸人バラエティ寄席」や「上方女芸人キャバレーナイト」のライブがあります。
出演:オジョウサンズ
日時:9月13日(日)  13時開演
場所:新宿二丁目・道楽亭
http://dourakute.blog55.fc2.com/blog-entry-209.html

F 放浪の系譜 瞽女唄とアジアの遊行文化 第二回
「いまに生きる『絵解きの世界』〜曼荼羅から紙芝居まで〜」
日本とそして遠くインドに伝わる珍しい「絵解き芸能」、古くて新しい「ことばの力」「語り物の世界」を再発見する試みです。
上映 記録映画「ベンガルの語り絵師・ポトゥア」(25分/北村皆雄
・三浦庸子監督)
講演 「絵解きの歴史と意義」(講師・林雅彦/国際熊野学会代表
・明治大学名誉教授・唱導文化研究所代表)
実演 日本編「善光寺如来秘伝」絵解き 出演 / 林麻子(唱導文
化研究所研究員)
インド編「ベンガル風巻物式紙芝居」 出演 / 東野健一
(ポトゥア・パフォーマー)
座談会 林雅彦、東野健一、林麻子、伊東喜雄 
司会進行 / 斎藤弘美
日時:9月13日(日) 14時開演
場所:両国門天ホール
http://www.monten.jp/20150505

G 浪花の熱血歌謡浪曲を聴け!
「真山隼人 お江戸に参上!」
関西最年少浪曲師(20歳)が2年ぶりに木馬亭に帰ってきます。今回は東西最年少と東西ハヤト、縁の深い兄さん姉さんが競演。まさにザ・大衆芸能の世界へいざないます。
出演:真山隼人、東家一太郎、天中軒涼月、澤勇人、国本はる乃
曲師:佐藤貴美江、東家美
日時:9月27日(日) 12時30分開演
場所:浅草・木馬亭
http://octacore.egoism.jp/roukyoku/tag/h-kunimoto-t

H 二人の世界がどう交差するのか、お見逃しなく
大島幹雄×桃山邑「サーカスと藝能」
今年6月に新刊『〈サーカス学〉誕生━曲芸・クラウン・動物芸の文化誌』を上梓した大島氏。25年以上にわたってテント芝居にこだわりつづけ、藝能の民として自らの思想を築いてきた桃山氏。サーカスを軸に長年活動してきた大島氏と、自ら河原者として生きてきた桃山氏による、初対談。
出演:大島幹雄(サーカスプロモーター)
桃山邑(水族館劇場座付き作家・演出)
日時:9月18(金) 19時30分開演
場所:千駄木・古書ほうろう
http://horo.bz/event/oshimamikio-momoyamayu20150918/

I 戦後70年、池袋にヤミ市復活か
戦後の池袋は、ヤミ市と呼ばれるマーケットを中心に都市の活力を蓄えた。食料や物資を求めて多くの人々が集い、そこにさまざまな交流が生まれた。ヤミ市の世界は、混沌であると同時に新たな活力の源泉でもあった。また、日本が敗戦からの復興を遂げた後にも池袋の街にはヤミ市が残り、自由で柔軟な都市文化の基点となった。
http://www.ikebukuro2015.com/

シンポジウム「戦後池袋の検証―ヤミ市から自由文化都市へ」
日本の都市文化・大衆文化をこよなく愛す3名の研究者とともに戦後70年という地点から池袋の歴史と魅力に迫り、“自由文化都市”としての未来を考える。
講師:川本三郎氏(評論家)、マイク・モラスキー氏(早稲田大学教授)、吉見俊哉氏(東京大学教授)
司会:石川巧(立教大学文学部教授)
日時:9月12日(土) 14時開講   
場所:立教大学池袋キャンパス 11号館地下1階 AB01教室

「戦後池袋〜活力の記憶を辿る」
ヤミ市時代の記録や記憶をさまざまな形で展示。厳選した写真パネルのほか、ヤミ市のスケッチ、ジオラマのVTR、ラジオ音源、カストリ雑誌などで当時の世相・文化を紹介するとともに、戦後池袋の記憶と未来を語るギャラリートークを開催します。
日時:9月14日(月)〜22日(火)祝
場所:東京芸術劇場 5階ギャラリー1

「池袋ヤミ市と戦後の復興《秋の収蔵資料展》」
戦後の池袋駅周辺復興の道筋を、池袋ヤミ市のジオラマ模型、関係資料、写真等を用いて紹介します。
日時:9月14日(月)〜11月29日(日)
場所:豊島区立郷土資料館(豊島区立勤労福祉会7階)

他にも池袋西口公園での「池袋西口ホッピー祭り」などのイベントあり。

J 人生最後の季節に、ひとはどのように読書と向き合うのだろうか?
「津野海太郎『百歳までの読書術』刊行記念トーク〈老人読書〉入門」
名編集者にして読書の達人・津野海太郎さんの過激な老人読書の日々を、『季刊・本とコンピュータ』時代をともにし、初老の入り口にいる南陀楼綾繁さんが聞いていきます。
出演:津野海太郎、聞き手 南陀楼綾繁
日時:9月4日(金) 19時30分開演
場所:千駄木・古書ほうろう
http://horo.bz/event/tsuno-nandaro20150904/

K 一箱古本市もある手作り市です
「第13回 深川美楽市」
露店販売、パフォーマンス、ものづくりの発表・販売などの手作り市。「うつくしいもの、楽しいもの、なんでも市」をテーマに、資料館通り商店街メンバーを中心に清澄白河内外からたくさんの出展者が集まります。眺花亭も古本仲間と一箱古本市に出店するので、是非遊びにきて下さい。
日時:9月23日(水)祝 13時〜18時
場所:清澄白河・深川資料館通り商店街 三好・白河3丁目界隈
http://birakuichi.wix.com/birakuichi

L 描いた銭湯絵が1万枚以上
「銭湯絵師 丸山清人個展」
銭湯の壁にペンキで絵を描く「銭湯背景画」の世界(日本に3人)で現役最年長、丸山清人の個展。直筆ペンキ画大小サイズ約40点を展示。9月27日13時からライブペインティングがあります。
日時:9月24日(木)〜10月4日(日)
場所:国立・ギャラリービブリオ
http://d.hatena.ne.jp/banka-an/20150811

M 映画を通して検証する焼け跡、ヤミ市、復員兵、基地・・・
「戦後70年企画 戦後の風景と、人々の暮らし」
『仁義なき戦い』を初めて観た時は、アナーキーな活力にあふれたヤミ市の描写に圧倒されました。安藤昇の『男の顔は履歴書』も気になりますネ。
日時:9月12日(土)〜18日(土)
場所:新文芸坐
http://www.shin-bungeiza.com/program.html

--------------------------------------------
DVD上映会はお休みします
--------------------------------------------
よろしくお願いします。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
眺花亭たより(9月号) 図書と珈琲 眺花亭/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる